お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

水商売・風俗店勤務でもお金を借りたい!貸してくれるところはココ!

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

キャバクラに勤めるキャバ嬢の方や、夜の繁華街でホステスを勤めている方、バーを経営している方など。
水商売を仕事にしている方は、どうしてもお金が必要になった時、銀行や大手の消費者金融からはなかなかお金を借りることができずに、苦労される方も多いことでしょう。
夜の繁華街のお店は金融会社からは不安定な業態とみられていて、実際に他の仕事に比べると働く人の定着率も高くはなく、お店自体がつぶれてなくなったりすることも頻繁にあります。
金融会社の方は長年の経験から、水商売に対してそのような実態をよく分かっているため、水商売の仕事に就いている方にお金を貸すのは、貸し渋ってしまうわけです。


堅い仕事で定職についてる方が、金融会社としては一番いいお客さんなわけです。商売の風向きが変わりやすい業態で、人もコロコロ変わりやすい職業では、やはりお金は貸しづらいというわけです。
キャバ嬢やホステスなど水商売をされている方がお金を借りる場合は、大手の消費者金融よりも中堅や中小の街金融でお金を借りる方が良いでしょう。
大手と比べても水商売を仕事をされていることに対して寛容な会社が多く、比較的審査も柔軟に通してもらえるところが多いです。
中堅の消費者金融であればフクホーのようにインターネット経由でスマートフォンから申込みができるところも多く、利息も大手の消費者金融とほぼ変わらない利息でお金を借りることができます。
中堅の消費者金融で借り入れを断られても、中堅や中小の消費者金融は、来店不要で借りられるところも非常に増えていますから、熱心にネットを検索すれば、水商売でもお金を貸してくれるところはきっと見つかるはずです。

風俗嬢でもお金を借りたい!どうしてもお金がいるの!

風俗店勤務で働いている、風俗嬢の方でもお金を借りたい時はありますね。
普通の仕事に比べたら稼ぎはずっと良いのですが、心理的にもハードな仕事ですから、たくさんお金を稼いでも、その分たくさんお金を使ってストレスを解消してしまう方も多いですよね。
あるいは、彼氏にお金を腐心されてしまって、ダメだとはわかりつつも、どうしてもお金を貸してしまう。そんな心やさしい女性も多いと思います。
いろんな理由から、稼ぎは多くても、なかなか貯金ができずお金を借りることも多くなるのが風俗店勤務で働く風俗嬢の方の特徴かもしれません。

しかし、風俗嬢がお金を借りる場合は、金融会社へのアリバイ工作などが完璧にできるお店などでなければ、普通はお金を借りるのも難しいと思います。
風俗嬢がキャッシングでお金を借りたり、クレジットカードを作る場合は、アリバイ作りの代行会社を利用して、カードやクレジットカードを作るという方も多いでしょう。
アリバイ工作の会社がカード会社・金融会社からの在籍確認の電話などを受けてくれるというわけです。
しかしそのような面倒なことをしなくても、風俗店勤務という素性を隠さなくてもお金を貸してくれる金融会社はあります。
もちろん大手では難しいですが、中堅や中小の消費者金融であれば、風俗嬢でもお金を借りられるところはいくつもあります。
もちろん審査は行われるので、誰でも絶対に借りられるというわけではありませんが、普通に借り入れを申し込んでお金を借りられるところも増えています。
普通のところからお金を借りるは難しいからと、いきなりヤミ金やソフト闇金などに行ってしまうと、返済が非常に大変になってしまいます。
大変な高金利で金利だけの返済で、常に利息を払い続けるような状態になってしまいます。
そうならないためにも中小の消費者金融で借りられるところを探すのをおすすめします。

派遣コンパニオンで水商売 その日暮らしからの転職でお金がない

以前は派遣のコンパニオン、水商売をしていてその日暮らしをしていました。
いけば稼げるし以外と暮らしは豊かだったけれど、出て行く金額も高いため貯金はできず、夜の仕事に疲れ急に昼職に転職しましたが無計画に転職したため数ヶ月は大変でした。
まずは、昼のお給料が入るまでお給料がないから手持ちの数万円で過ごさなければならず転職先への電車賃を差し引くとすでにカツカツ(^^;;
お昼はお財布携帯で毎日200円まで、もしくはお米だけをお弁当に詰めていき、節約。
苦しいのはその時の月末、携帯代、家賃、光熱費
さて、どの順番を優先させるか、家賃は給料入るまで払えないし、一ヶ月おくれで払うことになる。
一応保証のお金払ってたんで一ヶ月は何も言われません。けど延滞費用が数百円かかります。
携帯は止まるときついんでライフラインだし、なけなしの500円玉貯金でギリギリ払いました。
光熱費もしばらくほっときました。
2ヶ月後に遅れながらの支払いになり、すっかりどの順番で止まるか覚えましたよ(;^_^A
なんとか食いつなぎながら生活はできるようになったんですが、
一度支払いが遅れると元に戻すのが大変で、なんだかんだと半年は止まるかもっっ!!てゆう日々が続いたのが以外とストレスで辛かったです。
あと、女性は消耗品が多いんで、化粧水とかケチって休もん使ったら結局肌荒れして皮膚科に行き余計なお金がかかったんでそうゆう所はケチらないようにしようと実感しました。
落ち着いた経済環境は精神にも影響すると実感した半年間でした。(20代後半・女性)

転職先がすぐ潰れて失業保険も出ない 夜の仕事で切り抜ける

私が20歳の頃の体験です。美容師だった私は職場を変えて2ヶ月目でした。
その時のお店は入店してからもとても暇でお客さんの入りは悪く仕事としては楽でしたが果たしてこんな状態でお店の経営は成り立つのかと不安になってました。
翌月、オーナーがお店でミーティングを開き、案の定 経営が苦しいため残り半年でお店をたたむとのこと。さらに、残り半年は給料も減給だということ。
それも元々の半分程度のお給料しか払えないとのことでこれは不味いと思い、私はそのミーティングの後すぐに退社を希望しました。
次のお仕事が見つかるまではどうにか失業保険と 少ない貯金で回そうと思っていました。
ところが、調べてみたところ、雇用保険の失業手当ては 保険がかかった状態で半年以上の勤務がないと降りないということが分かり私は焦ってどうにかバイトでもなんでも始めないと 家賃や車のローンが払えないとバタバタ面接に行ってスナックで夜働くことに。
スナックはお給料がよく 仕事も夜なので昼間は次に入社する美容室を探して夜はせっせと生活費を稼いでの毎日。
3ヶ月程度で仕事も決まりスナックは辞めましたが昼も夜も動いていたせいか 再就職するころには体調も崩してて あまりよくないスタートをきることになりました。
こんなことも想定して 余裕ができるくらいの貯金をしておくべきだったと反省した出来事でした。(22歳・女性)

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事