お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

他社借入件数が多い 多重債務 どこもお金を貸してくれない

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

すでにいろんな会社からの借り入れを行っていて、総量規制の制限のある年収の3分の1に相当する金額までを借り入れてしまっている場合、なかなかお金を貸してくれるところはないと思います。
借入件数が多くても、十分に返済していくめどが立っていて、きちんと順調に返済が行えている場合は良いですが、体調を崩したり、勤め先の会社が倒産するなど、何らかの事情で返済が難しくなってくると大変なことになってきます。
他社借入件数が多くて、いわゆる多重債務の状態になっていて、どこもお金を貸してくれるところがなくて困っている。
そんな場合はどうすればよいでしょうか。
きちんと収入もありお金を返済できるめどが立っているのであれば、方法はいくつかあります。
例えばクレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りるクレジットカード現金化という方法もあります。
これはクレジットカードを持っていって、さらにショッピング利用枠に余裕があることが条件になりますが、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象になっていないので、ショッピング枠を利用したクレカ現金化であれば、何とかお金が借りれないわけでもありません。
すでに持っているクレジットカードを利用するので審査も特にありませんので、現在無職の方でも専業主婦で収入のない方でも通常のネットで買い物するのと変わらない感覚でクレカ現金化業者を通じて買い物して、代金の相当額を自分の銀行口座にすぐに振り込んでもらうことができます。
他には、いわゆる闇金やソフトヤミ金で借りるという方法もありますが、そもそも違法な業者からお金を借りることになるのであまりおすすめできません。ヤミ金でもお金を借りる場合は、お金を貸す相手がきちんと返済できる人間かどうかを何らかの方法で確認してきます。ヤミ金という選択肢もありますがおすすめはできないということは覚えておいてください。
現在多重債務に陥っていて、さらに収入も激減するなどして返済のあてがない場合、両親に頭を下げてお金を工面してもらうという方も沢山いらっしゃいます。頼れるべきものは親ということですね。
しかし、両親もお金を持っていなかったりなど、両親にも頼ることができない場合は、やはり弁護士など専門家を通じて債務整理を相談するのが良いでしょう。債務整理にも自己破産や任意整理、個人再生など様々な方法があります。
任意整理などは5年間は金融ブラックリストになってクレジットカードを作るのも難しくなりますが、5年たてばきちんと普通の人と変わらない状況になるので債務整理としては良い方法です。
返済が困難な状況になっているのであれば、借金を整理して人生を立て直すということも考えてみてください。

キャッシングで多重債務の専業主婦が借りれる中小金融は?

専業主婦の方であっても旦那様の借金を肩代わりしてしまったりなど、
様々な理由で多重債務に陥ってしまうような状況も出てくると思います。
専業主婦ということもあり、アコムやプロミス、レイクといった、
大手の消費者金融からお金を借りることは難しいですよね。
専業主婦であり、さらに他社の借入もあるということで、
なかなかお金を貸してくれるところを見つけるのは難しくなっていると思います。
すでに他社借り入れのある専業主婦でもお金を借りられる、
中小の街金融などはあるのでしょうか。そしてそれはどこでしょうか。

中小の街金融の中では、すでに他社借り入れがあって、
大手で断られたという方にも融資を行っている所は結構ありますが、
その上で専業主婦にもお金を貸してくれるということになると、かなり絞られてくると思います。
専業主婦でも借り入れが行える中小の街金融としては、キャッシングエニーが知られています。
キャッシングエニーでは旦那様に安定した収入があり、
同意書を得られるのであれば専業主婦の方でも借り入れが可能になっています。
キャッシングエニーでは金融ブラックな方に対しても、
審査では独自に現在の収支バランスなどを見て判断し、お金を借りられることがあります。
必ず融資が受けられるかはわかりませんが、
もしお悩みであればキャッシングエニーに相談してみる価値はあると思います。
アットホームな感じで相談に乗ってもらえてよかったという口コミもあるので試してみてください。

親にお金を借りる 多重債務でどうにもならないなら

なんとかお金のやりくりは自分で頑張ろうとしてきたけれど、消費者金融でお金を借りるようになったら歯止めが利かなくなり、どんどん借り入れを繰り返して多重債務に陥ってしまった。
お金を借りて多重債務に陥る方というのは、ほとんどの場合がこのようなケースです。
借りたお金はすぐに返済したいものですが、借金生活が長引いたり、心に甘えが生まれてしまうと、借入限度額を自分の貯金残高だと勘違いして、消費者金融から借りてお金をあたかも自分のお金のように使ってしまうものです。

借金の返済で生活が本当に苦しい。自分の収入では本当に食べていくこともままならない。あるいは、会社の倒産などによって仕事を失い、収入が途絶えてしまった。
そんな状況にある場合、まだご両親が健在で、お金を借りることができそうな方は、親に頭を下げてお金を借りて借金の返済に充てることも考えましょう。
確かにいい歳になって親にお金を借りるのは、とても惨めで情けないことです。
親からはかなりきつい言葉を投げつけられるかもしれません。
しかしそれでも、これから先、何年も借金地獄に苦しむよりは数段マシなのです。
借金の返済がどうにもならなくなってきたら、親に頼れる方は素直に親に頼った方が良いです。
それも難しいという場合に、初めて弁護士や司法書士といった借金問題の専門家に債務整理を相談すると良いでしょう。
実際に自己破産や任意整理といった債務整理をする前に、親にお金を借りて借金を一括返済して人生を立て直した方もたくさんいらっしゃいます。
お金のやりくりがうまくいかず、恥を忍んでお願いしなければならなくなった自分を反省しつつ、人生を立て直していくのです。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事