お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

総量規制でも借りれる 年収の3分の1以上のまとまったお金を借りるには?

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

お金を借りたくても、すでに借入限度額いっぱいまでお金を借りていて、追加の借り入れができない。これ以上お金を借りられない。
そんな方もいると思います。
総量規制が実施されてから、消費者金融では年収の3分の1以上の借り入れが難しくなり、消費者金融の借入限度額も年収に応じた少ない金額で設定されるようになりました。


年収の3分の1というと、年収が少ない方にとっては本当にわずかな金額しかお金を借りられないわけです。
まとまったお金が必要になって、お金を借りたいけれど、総量規制で借りられない。
そんな場合はどうすればよいでしょうか。
総量規制の対象となっているのは、消費者金融など貸金業者のキャッシングです。
銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング利用などは総量規制の対象にはなっていません。
また、信販系のクレジットローンや自営業者が利用できるビジネスローンなども、総量規制の対象にはなっておらず、年収の3分の1以上を借りることが可能です。
また消費者金融でお金を借りる場合も、貸金業法に基づく借り換えローン、いわゆるおまとめローンであれば年収の3分の1以上の借り入れが認められています。
年収の3分の1以上のお金を借りたいという場合は、以上のような総量規制の対象となっていない、或いは例外が認められている場合での借り入れを利用することになります。
この中で普通の会社員の方にとって一番なじみがあるのが銀行のカードローンになると思いますが、申し込んではみたものの、審査に通過することができず、借りれなかった方も多いかもしれません。
そんな場合はクレジットカードのショッピング枠を使ったクレジットカード現金化という方法でお金を借りることもできます。
クレジットカード現金化業者を通じて、ショッピング枠でお金を借りるという方法ですね。
他のお金の借り入れ方法に比べると手数料が高くなるので、あまり頻繁におすすめできる方法ではありませんが、どうしても、という事態に備えて頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

まとまったお金がいる 大金を借りられるところは?

ある程度のまとまったお金がどうしても必要になることが、暮らしの中ではままあるものです。
しかしそういた時に貯金が全然なかったりすると本当に困ってしまうわけです。
一万円や2万円程度であればキャッシングですぐに借りることもできるかもしれませんが、30万円や50万円、或いは100万円といった、かなりまとまった金額のお金が必要になった時は本当に困ってしまいます。
まとまったお金がいる。大金をどうしても借りなければいけない。
そんな時はどうすればよいでしょうか。

借りる金額にもよりますが、急ぎでなければ、まずは銀行でローンが組めないか考えてみましょう。
教育ローンやマイカーローン、住宅ローンといった銀行の目的別のローンであれば、金融機関でお金を借りる方法としてはもっとも低金利でお金を借りることができます。
車検代や車の修理といった車に関する出費であれば、銀行のマイカーローンも活用することができます。銀行のマイカーローンは車を買うときにしか使えないものではないのです。
銀行でローンを組むのが難しいということであれば、総量規制の対象外となっていて年収の3分の1以上の借り入れも可能となる、銀行系のカードローンでお金を借りるという方法もあります。
初回の借り入れ申し込みで限度額がどの程度になるかはあなたの収入によって決まってしまうかもしませんが、消費者金融でお金を借りるのに比べれば、初めから限度額は比較的多めに設定されるでしょう。
それも難しいということであれば、信販会社のクレジットローンを活用するのがおすすめです。
自営業や会社経営をされている方で、事業資金としてまとまったお金がいるということであれば、ビジネスローンの活用も考えてみると良いでしょう。
事業資金でまとまったお金が必要であれば銀行で融資を受けるというのが一般的ですが、審査に時間がかかるのが難点です。足の速い資金が必要なら、無利息期間が設定されている消費者金融でのキャッシングも有効な方法になります。

総量規制対象外でお金を借りる 年収の1/3以上のお金を借りる方法

どうしてもお金が必要だけれど、すでに年収の3分の1に相当する金額を借り入れていて、総量規制によってお金が借りられなくなっている。
総量規制が実施されてからというもの、このように必要な金額が総量規制によって借りられなくなった方が非常に増えています。
アルバイトなどで年収が100万円程度の方の場合は、緊急でどうしてもお金を借りたいという場合でも、30万円以上の金額を借りることはできないわけです。
しかし現実には消費者金融が年収の3分の1ぎりぎりまでの金額を融資してくれることはまずありません。年収が少なくなることを想定して、あらかじめ低く見積もった金額以上にはお金を貸してくれないからです。年収が100万円しかない場合であれば10万円も借りることができれば良い方ではないでしょうか。
もちろん銀行のカードローンであれば、年収の3分の1以上の借り入れは可能ですが、そもそも銀行のカードローンには審査に不安があるという方も多いはず。
銀行のカードローン以外にも、総量規制の枠を超えて年収の3分の1以上のお金を借りることができる方法はあるのでしょうか。
あまり公にはされていませんが、その方法はないわけではありません。
普通の方が銀行のカードローン以外に年収の3分の1を超えてお金を借りる方法の一つとして、クレカ現金化が挙げられます。
これはすでに持っているクレジットカードのショッピング枠を使い、クレジットカード現金化業者のサイトで買い物をし、その商品代金に相当する金額を自分の銀行口座に振り込んでもらうという方法です。
かつては違法にお金をだまし取るクレカ現金化業者も数多くありましたが、総量規制の実施以降はきちんとした手数料ビジネスとして取り組む業者が増えており、最近では代金を振り込んでくれないなどのトラブルはほとんど聞かれなくなっています。
クレジットカードのショッピング利用は総量規制の対象となっていないため、普通の人でもクレジットカードを持っていって、ショッピング枠の残高に余裕があれば、年収の3分の1を超えてお金を借りることもできるわけです。
さらにクレカ現金化を利用して現金を手に入れるのは土日や祝日も関係なく、すぐに自分の口座に振り込んでくれる業者もあるなど、現金を手にするまでのスピードが速く、本当にピンチな時にすぐに対応してもらえるというメリットもあります。
今すぐにお金を借りたい、年収の3分の1以上でもお金を借りたい。
そんな場合に銀行のカードローン以外にしっかりと対応できる方法の一つがこのクレジットカード現金化という方法です。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事