お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

ブラックを食い物にするソフト闇金に注意!

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

総量規制が実施されたのに伴って増えているのが、ソフト闇金と呼ばれる金融業者です。
ソフト闇金は、貸金業登録もきちんと行われていて、表向きはきちんとした街金だったり金融業者であるのですが、実態は闇金とまではいかないまでも、利用者にとっては不利益な取引を強いてくる、そんな金融業者です。
ソフト闇金は、もともと最初から闇金として営業して行こうというところではなく、以前はきちんとした街金だったが、回収不能な案件が増えてしまい、貸し出す資金が不足して闇金まがいの商法に手を出すようになった。
そんな感じで街金からソフト闇金へ落ちていってしまうケースが多いようです。
しかし、このソフト闇金を普通の人が良心的な街金と区別するのはかなり難しいでしょう。
ソフト闇金も表向きはちゃんとした金融業者ですからね。


ソフト闇金の商売のやり方としては、まず通常の街金や金融業者を装って、融資を受けたい人を集めます。
申し込みをして、「仮審査に合格しました。来店時に下記の書類を持って本審査を行います。」
などといって来店を促し、実際に店に足を運んでみたら、「債務整理するのを条件に融資を行う」などと言い出します。
このようにして提携している弁護士や司法書士などにあなたを紹介することで、紹介料を受けているのです。
或いは、お金を借り入れる場合に「保証料」という名目で、ホームページには記載のなかった金額を請求されることがあります。
こういったところは実は自身には融資できるお金がなく、他の街金を紹介するような形であなたに融資を行います。
融資するお金がないため、利息を取れないですから保証料という名目でお金を請求してくるのです。
あなたにとっては利息に加えて保証料という余分なお金を支払うことになるので、こういう業者もできれば避けたいですよね。
こうしたソフト闇金のやり方は、全く違法というわけではないですが、お金を借りようとしている方にとっては望まない形になってしまったり、不利益をこうむってしまうこともあります。
ソフト闇金のやり方の特徴としては、来店してみるとホームページや電話では話のなかった条件がついてくる、ということに尽きると思います。
最近では新規でお金を借りに来た顧客に携帯電話を何台も契約させるなど、お金を借りることとは関係ないことまで要求してくるソフト闇金も増えているようです。
くれぐれも最初の借り入れ条件にはなかった条件を後出しで追加してくるところからは、お金を借りないようにしてください。

保証料を取る街金はソフト闇金の可能性大。要注意!

どこからも借りれなくて、貸してくれそうな街金をネットで見つけて申し込んでみたら、
利息とは別に、ホームページには記載のなかった保証料を請求された。
そんな街金に遭遇する方も、少なからずいるようですね。
お金を貸すための保証料として徴収している街金もいるようですが、
利息以外のところでお金を取ろうとする街金はあまり良心的なところとはいえません。
そこでお金を借りるのはやめた方が良いでしょう。
保証料を取る街金は、自分のところからはお金を貸さずに、
別の街金を紹介するような形でお金を貸し出すところがあります。

そのようなところは利息から利益を上げることができないので、
保証料という形であなたからお金を取ろうとするわけです。
表向きはきちんとした融資を行う金融会社に見えますが、
実際に足を運んでみたら保証料を請求するようなことを言われ、
どうやら紹介屋らしいということがわかった。
などということもよくあるようです。
実際にきちんとした街金を紹介してくれるのであればいいのかもしれませんが、
あなた自身にとっては紹介先の街金からは利息を払い、
その街金にも保証料を払うという形で、お金の出費が多くなってしまいます。
保証料も1000円や2000円といった安い金額ではなく、
数万円請求される場合がほとんどです。
ただでさえお金に困っているわけですから、やはりおすすめはできないですね。
それに、そういったところはいわゆるヤミ金にあなたの情報を売り渡す、
「ソフト闇金」の可能性もあります。
保証料などという意味不明な請求をしてくる街金ではなく、
きちんと自社でお金を融資している街金の方が安心して取引できると思います。
そのような街金を選んでお金を借りてくださいね。

とにかく来店を促す街金はソフト闇金かも。要注意!

街金の中には、電話やネットで申込みをして仮審査で OK となり、
来店で正式な契約を詰めるという形の新規契約を行っているところもあります。
きちんと貸金業登録も何度か更新していて、借り入れプランも用意してあり、
公式サイトなどでは、しっかりした貸金業を営んでいるように見える街金もありますが、
このようにとにかく来店を強く促す街金は気をつけた方が良いです。
なぜなら、こうした街金の中には、
「任意整理を行えば貸し付けを行う」などの条件をつけて融資をちらつかせて、
提携している弁護士や司法書士にあなたを紹介することで手数料稼ぎをしているようなところもあるからです。

一応貸金業登録も行っていて、正規の貸金業者ではあるのですが、
実態はそのような紹介屋になっているというケースもあるのです。
つまりあなたにお金を貸すのが目的ではなく、
借り入れの申込みによってあなたの個人情報を抜き取って、
その情報を弁護士や別のヤミ金などにリストとして販売しているのです。
ブラックで借り入れに困っているという弱みもあり、
ついついこうした街金のなりをしたソフト闇金の口車に乗ってしまいそうになりますが、
こういうところは本当のヤミ金の入口になっているケースが多いです。
ネットや電話で申し込んで仮審査は OK という話を聞いて、
店に足を運んでみたら、実際にお金を借りられる様子はなく、
任意整理など別の話を持ちかけられるようでしたら、
その時点でその街金からはすぐに立ち去るようにしましょう。
申込みをした時点であなたの個人情報は相手側に渡っていますので、
その後、おそらく本当のヤミ金からの営業電話や DM などが届くようになるでしょう。
そのようなものはすべて無視してください。
申込みを行ってからしつこく来店を促す街金には、
このようなケースもあることを覚悟して臨んでくださいね。
もしこのような街金ではないかと気になるようでしたら、
インターネットからの申込の前に、電話で確認してみましょう。
オペレーターの対応の雰囲気だけで、それとなくわかることもあります。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事