お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

無職でキャッシングは審査の甘い消費者金融ならOKなのか

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

失業中でもお金が借りれるところ 生活費がなくて困ってます

会社をリストラされたり、勤め先が倒産してしまったり、派遣の契約が切られてしまったなど、失業してしまって無職になり、急に生活に困ってしまうようなことも人生の中では起こりえます。
失業して無職になるということは、ほとんどの方にとって収入の道が断たれるということと等しいですね。
しかし失業してしまうと、生活費が不足してお金に困っても、金融会社からは安定した収入のない方ということでお金を借りることが非常に難しくなってしまいます。
失業して収入がないからこそお金を借りなければならないのに、どこも貸してくれない。
そんな理不尽な事態に陥ってしまいやすいのが失業して無職になった状態です。


失業中でも借りれるところ、貸してくれる金融はないものでしょうか。
失業中でもお金を貸してくれる貸金業者というのは、残念ながらほとんどないのが現状です。
借りれるところがあったとしても、車や家など何かしら担保が必要であったり、保証人をたてるなどしなければ借りられないでしょう。
ヤミ金なら貸してくれるんじゃないかと考える方もいるかもしれませんが、闇金でさえも失業中の人間にお金を貸すのは嫌がります。会社に連絡することができないので、お金を貸して、どこかへ逃げられた時に取り立てをするのに困るからです。
しかし失業中であっても、クレジットカードを持っていればお金を借りられる可能性があります。
クレジットカードのキャッシング枠があれば、クレジットカードでキャッシングをしてお金を借りるのです。
持っているクレジットカードにキャッシング枠を付与していない場合は、残念ながらカードキャッシングはできませんね。
しかしショッピング枠に余裕があれば、このクレカのショッピング枠を利用した、クレジットカード現金化によって、当面の現金を用意することは可能です。
クレジットカード現金化は現金化業者を通じて指定された商品を購入し、その商品代金から業者の手数料を引いた金額を自分の銀行口座に入金してもらうというものです。
クレジットカードにショッピング枠さえあれば、とりあえず現金を用意することができる方法なので、失業中でお金を借りたい場合には役立つこともあるでしょう。
いざという時の金策方法として、覚えておいても損はないかもしれませんね。

無職でもキャッシングできる消費者金融はないが・・・

会社が倒産したり、会社を退職せざるを得なくなるなど、失業して無職になってしまうとキャッシングでお金を借りるのも難しくなります。
もちろん無職になる前にすでに持っているクレジットカードやカードローンでお金を借りる分には、すぐにお金を借りることも可能です。しかし、キャッシングができるクレジットカードやカードローンを持たないまま無職になってしまった場合は、改めてキャッシングでの借入を申し込むというのは非常に困難です。

パートやアルバイトなどで働いており、少しでも良いので毎月一定の収入がある方であれば、キャッシングでお金を借りれることも多いですが、無職の状態では大手の消費者金融はもちろん、中堅や中小の消費者金融のキャッシングでもお金を借りることは難しいです。
審査が甘いと言われている消費者金融でも、無職の方にお金を貸してくれるところはまずありません。無職のキャッシングは審査の甘い消費者金融なら OK どころか、完全に NG なのです。
無職になってしまった時にお金を借りる方法としては、やはり、ご両親や友人などからお金を借りるというのが一般的です。しかし、それができるのは両親がお金を持っていたり、友人関係が良好で、普段から人に好かれている人に限られてくるでしょう。
無職でどこからもお金を借りられず、親や友達からお金を借りるのも難しいという場合は、クレカ現金化という方法でお金を借りることもできます。
キャッシング枠が付与されていない、普通のショッピング専用のクレジットカードで良いので、クレジットカードさえ持っていればショッピング枠を利用してお金を借りることができる方法です。よければ参考にして見てください。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事