お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

レイクの審査に通らない。どこもお金を貸してくれない場合

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

レイクのカードローンにお金を借りる申し込みをしてみたものの、審査に通らないためお金を借りられなかった。
そんな方もいるでしょう。
レイクのカードローンの審査は昔とは違い、今は新生銀行のカードローンとなっているので、昔に比べると甘いものではないと言われています。
レイクの審査に通らなかった原因は何になるでしょうか。
カードローンの審査には年齢や職業や年収などの属性に、それぞれ点数を付けて申し込みをしてきた方の返済能力を測るというスコアリングという仕組みを取り入れているところもあります。
年齢や職業、年収などそれぞれ一定水準で点数を仮定していくというものです。
しかし単純に年齢や職業、年収だけを見ているわけではなく、その中身もしっかりと審査しているから、なかなか厄介です。
ひどく落ち込むこともないでしょう。


もちろん収入は多くて安定している方が審査では有利になりますが、例えば設立間もない会社に勤務していて年収が多い人よりも歴史のある会社に勤めていて年収が多い人の方が審査におけるスコアリングは高くなります。
年収が同じだからといって、審査における有利さが同じというわけでもないのが面倒なところです。
また勤続年数が長い場合も審査には有利に働きます。
勤続年数が長い方が、転職によって収入が下がる可能性が低いと判断されるからです。
そういう意味で会社をいくつも転々と渡り歩いている方であれば、審査は不利になる可能性もあります。
また当然のことながら他社への借入履歴なども審査には大きく影響します。
もちろん過去に借り入れを行っていて、返済がしっかりと行われていたかどうかがチェックされるのはもちろんですが、ここでもまたカードローンの審査ならではの独特の審査の見方があります。
初めてカードローンを利用してお金を借りようとしている方よりも、過去に借り入れをしてきちんと返済をした経験のある方の方が、審査では有利に働くことがあります。
年収などの条件が良くても、初めてお金を借りるという人は、
必ずしも審査で有利な立場に立っているというわけではないのです。
このような形でレイクで審査に通らなかった場合も、いろいろな要素を加味して審査結果がくだされているわけです。
あなたが審査に落ちた理由が何であるかは、何か決定的な原因があったわけではなく、いろいろな要素が複合的に絡み合って、結果として審査を合格とする水準に達しなかったということも考えられます。
何か決定的に審査に不利になるというものが考えられない場合は、レイクの審査に落ちてしまったとしても、他のカードローンや消費者金融の審査なら通る可能性はあるわけです。

レイクの審査に落ちた!どこからもお金を借りれないのか?

新生銀行のカードローンレイクは、初めて利用する場合は、30日間の無利息や、5万円まで180日間無利息など、用途に応じた無利息プランが用意されています。
初めてお金を借りる場合は、レイクで借りるという人も多いでしょう。
しかしレイクの審査に落ちてしまっては、いくら無利息ブランがあるといっても、全く意味を成しません。
レイクの審査に落ちてしまった場合は、どこからお金を借りたらよいでしょうか。
レイクの審査は今は新生銀行のカードローンとなっていることもあり、大手の消費者金融系のカードローンの中では審査は緩くなく甘いこともなく、どちらかといえば厳しい部類に入ると思われます。
そんなレイクの審査ですから、落ちてしまうことは決して珍しい事ではありません。
他社への借入状況や返済状況、そして年収などを考慮して審査で落としてくるケースも少なくありません。
しかし、レイクの審査に落ちてしまったからといって、すぐにモビットなど他のカードローンの審査を申し込むのは、得策とはいえません。
短期間の間に複数のカードローンや消費者金融に借入を申し込むのは、仮にすべてのカードローンで借り入れが可能となった場合、各社の借入限度額の合計が総量規制の総額を上回ってしまう可能性があります。
そのようなことが起こると貸金業者の方が、行政から罰せられることになりますから、そうならないために短期間に複数業者への借り入れはできないようにする、いわゆる申込みブラックという状態になってしまいます。
そうなってはお金を借りること自体が難しくなりますから、そこは避けたいところです。
レイクの審査に落ちた場合、おすすめなのがレイクのような大手の金融業者とは異なる、中小の金融業者で借り入れを申し込むことです。

レイクの審査結果が残念だった場合

レイクのカードローンを申し込んだものの、審査結果が
「誠に申しわけありませんが、今回はご希望に沿うことができませんでした。」
というような内容だった。
このようなレイクの審査結果が残念だった場合は、すぐに他のアコムやモビットといった他の消費者金融に借入を申し込むのではなく、ブラックの方に対してもお金を貸してくれる可能性がある街金の金融業者に借り入れを申し込むのがおすすめです。
レイクのカードローンの審査結果か落ちていたということであれば、すぐに他のモビットやプロミスといった大手の消費者金融の借入を申し込んでも、同じように審査結果が残念なことになっていることでしょう。

それに対して、街金と呼ばれる中小の消費者金融であれば、単純に個人信用情報をデータベースから参照するだけでなく、電話をしたり、他の書類を提出してもらうなどして実際の返済能力などを見てから貸し付けを行うかどうかを決めます。
そのため、レイクの審査結果にかかわらず、お金を借りられる可能性が高くなります。
実際にフクホーやキャッシングアローといった中堅どころの消費者金融であれば、レイクの審査に落ちてしまった方でもお金を借りられた事例が多数あります。
どうしてもすぐにお金が借りたいということであれば、レイクの審査結果がわかったとはすぐにこうしたフクホーやキャッシングアローといった中堅どころの消費者金融に借入を申し込むべきです。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事