お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

サラ金からお金を借りると完済してもブラックリストに載るの?

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

サラ金や消費者金融からまだお金を借りたことがない方にありがちなんですが、サラ金からお金を借りるとすぐにブラックリスト入りすると考えてる方がいらっしゃいます。

もちろん、消費者金融からお金の借入を行って返済を行ったという記録は、個人信用情報として、5年間残ることになりますが、それが、ブラックリストになってしまうのかというとそんなことはありません。

ブラックリストに載るというのは、返済の遅延があったり、債務整理を行った場合に、個人信用情報に今後、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、不利になる情報が記録されることだと思います。


お金の借入を行ったとしても、きちんと返済を遅れたり滞ることなく行い、完済しているのであれば、取引自体は記録として残りますが、それが新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、契約に不利になるかと言えば、それは一概に言えないと思います。

よほどクリーンな顧客しか相手にしないというような金融会社であれば、重箱の隅をつつくようにその情報を扱うかもしれませんが、一般的には考えづらいです。

個人信用情報のデータベースは、カード会社や消費者金融なの金融会社が新たに契約を結ぶ際に、与信を行う際の判断材料として利用しているものです。

ですから、単に消費者金融からお金を借りてキチンと返済したのであれば、それはクレジットカードを使って買い物をしたのと仕組み的には同じで、事故情報ではありませんから、サラ金でお金を借りてしまっただけでブラックリスト入りしてしまったなどとは考えない方が良いです。

ブラックはサラ金以外でも載ってしまうものなのか?

ブラックになってしまうのは、何もサラ金や消費者金融の返済を長期間延滞してしまったり、債務整理を行った場合だけではありません。

銀行のローンの支払いを遅延した場合もいわゆるブラックリストに載るという状態になります。

クレジットカードの支払いが銀行の残高不足で引き落とせなかった場合もそれが何度も続くようであれば、ブラックということになってしまいます。

いわゆるブラックとは個人信用情報に傷がついてしまうことを指しています。

だから、消費者金融からの借り入れだけでブラックとなってしまうわけではないのです。

借り入れた金額がわずかであっても、延滞していた場合は、しっかりとブラックリストに掲載されてしまいます。

例えば、クレジットカードの年会費を、そのクレジットカードは全然使っていないからと言う理由で年会費が引き落とされないように口座残高を0にしておいても、その状態で何ヶ月も過ごしてしまえば、クレジットカードの支払いの延滞情報ということで、ブラックリストし入りしてしまいます。

金額の多い少ないではなく、支払いに延滞があったかどうかの方が問題になってきますので、こうした場合も注意が必要です。

ブラックリストはいつ消えるの?

過去にカードローンやサラ金で借りたお金を延滞したり、多重債務に陥って任意整理や自己破産などの債務整理を行った方は、一定期間、いわゆるブラックリストに載った状態になります。
ブラックになると一定の期間のあいだ、新たにクレジットカードを発行したり、住宅ローンを組んだりすることができなくなります。
ブラックリストに載ってしまうと、こういうような不便が発生するわけですが、このブラックリストに載ってしまった場合、この記録はいつ消えるのでしょうか。

一般的にブラックリストと呼ばれる個人信用情報については、 CIC や JICC などの管理会社が管理しています。
返済の事故情報などは、起算日から5年間情報が保存されます。
債務整理を行った場合は、任意整理や過払い請求などの方法をとり、借入元本に相当する金額を返済し終わっている場合は、起算日から5年間情報が保存されます。
しかし、自己破産による債務整理を行った場合は、国が正式に破産を認めているので、官報情報にも掲載され、その期間は7年から10年となっています。
ブラックリストがいつ消えるのか。気になるところだとは思いますが、その期間はブラックリストに掲載されてしまった理由によって異なるということですね。
返済の遅延や延滞、任意整理によってブラックリスト入りしてしまった場合は、起算日から5年。自己破産の場合は7年から10年となります。
具体的にいつブラックリストから外れるのかは、個人信用情報に記載されている起算日を知る必要があります。
CIC や JICC では個人でも自分の信用情報の開示請求がインターネットから行えます。
手数料も500円から1000円とそれほど高額ではありません。
いつブラックリストから消えるのか、詳しく知りたいという方は、各団体のホームページから情報の開示請求をすると良いでしょう。

結婚前にブラックになったが、結婚には影響があるのか?

結婚する前にお金を借りていて、それがきちんと返済できなくなってしまったためにブラックになってしまったという方もいるでしょう。

独身の時になってしまったブラックは、結婚して奥さんや旦那様になられる方にも影響があるのかどうか、気になりますよね。

独身時代に自分がブラックだからといって、結婚した相手もブラックになってしまうわけではありません。

ただ、結婚生活を営んでいく上で、自分がブラックであればいろいろと不利な部分が出てくるでしょう。

一番大きなもので、住宅ローンの審査になかなか通らないということがあります。

特に旦那様がブラックで旦那様名義で住宅ローンを通すというのは、かなり難しくなります。

住宅ローン以外にも自動車ローンなどの審査も不利になるため、子供ができて家族が増えても、なかなか車が買えない、といった状況にはなるかもしれません。

そういった部分で自分が独身の頃ブラックになってしまったことが結婚生活に影響してくる部分はあるでしょう。

しかし、自分がブラックだから、結婚相手の方も即ブラックになってしまうということはないので、その点に関しては安心してください。

女性の方がブラックで結婚する場合は、旦那様がきちんとした方であれば、それほど問題になることもないと思います。

旦那様に自分が金融ブラックであることを秘密にしておくこともできるでしょう。

しかし、気持ちよく結婚生活をスタートさせるためには、あまり夫婦間で秘密を持たない方が良いです。

その辺りの判断はあなた次第になりますね。

ブラックでもお金を借りることはできるのか?

一度、金融のブラックになってしまうと、もう二度とお金を借りることはできないのではないかと思う方もいるでしょう。

確かに、個人信用情報に事故情報が記載されてしまうため、事故情報が記載された日から5年間はいわゆるブラックと呼ばれる状態になってしまいます。

その間にお金を借りることはできないのか。

もちろん、ブラックでも違法に営業しているヤミ金や個人の携帯電話で営業活動を行っている090金融などではお金を借りることができるでしょう。

そのようなところではなく、きちんとした金融会社からお金を借りることはできないのでしょうか。

基本的にアコムやプロミスといった大手の消費者金融からお金を借りることは、ブラックの状態では無理です。

しかし、中小の金融会社、いわゆる街金と呼ばれるところに目を向ければ、審査の内容によっては、たとえ今ブラックであっても、お金を借りられる可能性はあります。

街金は、大手と比べて規模が小さいというだけで、金融会社としては大手と変わらぬ健全な会社もたくさんあります。

今すでにブラックの方は、こうした所でお金を借りれないか相談してみると良いでしょう。

街金であれば債務整理を行ったブラックの方であっても、現在の収入の状況などから判断して、お金を貸してくれる場合があります。

大手の消費者金融とは審査で見るべきポイントが異なるため、審査の際には、電話で現在の状況を詳しく聞かれたり、別途に書類の提出などが必要となることもありますが、それさえきちんとクリアできれば、お金を借りる可能性もあるわけです。

ブラックであれば借入先はかなり絞られてしまいますが、きちんとしたところからお金を借りることもできるということを覚えておいてください。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事