お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

フリーターでもお金を借りたい!急にお金が必要に

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

なかなか正社員の職に就くことができず、フリーターとして生計を立てている方でも、どうしてもお金が必要になることがあります。
フリーターでも国民年金や国民健康保険の支払いの請求書は容赦なく送られてきますからね。
フリーターでもどうしてもお金を借りたい場合、消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか。
結論から言えばフリーターでも消費者金融からお金を借りることは問題なくできます。
アルバイトでも毎月一定の収入がある方であれば、大手の消費者金融が定める融資可能な人の条件は十分に満たすことができます。
銀行のカードローンでも楽天銀行のカードローンなどネット専業銀行系のカードローンを中心に、アルバイトでも借り入れ可能なカードローンはいくつかあります。
ただしフリーターの場合、正社員と比べて収入が低い方が多いですから、消費者金融でお金を借りることは可能でも、借入限度額は低く設定されることが多いです。

フリーターの方の場合、どれぐらいの年収があるかにもよりますが、初めてお金を借りる場合は、今は限度額は10万円前後に設定されることが多いでしょう。
それほど沢山のお金が借りられるわけではありません。しかし逆に言えば収入に見合った金額しか借りることができないため、計画的に利用すれば返済も無理なく行うことができるというメリットがあります。
しかしフリーターの方でも、急に引っ越しをする必要が出てきたなど、ある程度のまとまったお金が必要になる場合もあるでしょう。10万円では足りない、そんなこともあるでしょう。
そのような場合は、消費者金融でお金を借りるのではなく、クレジットカードのショッピング枠を利用したクレジットカード現金化という方法で現金を手に入れる方法もあります。
持っているクレジットカードの買い物枠の範囲内でお金を借りることができるため、まとまったお金が必要になる時にも意外と使える方法です。
クレジットカード現金化を行うには、信頼できるクレジットカード現金化業者を利用することが大切です。利用する場合は、ホームページなどに掲載されている手数料以外に、どのような費用がかかるかなど、電話やメールで問い合わせると良いでしょう。

年下フリーター彼氏との結婚 旦那がマルチ商法にハマり借金地獄

私の極貧生活は結婚から始まりました。年下のフリーター(良く言えばですが)の彼と不安はありましたが、ちゃんと定職に就くとの言葉で結婚しました。約束通り就職し、直ぐに子供もでき小さいながらもマンションの一室で始めた新婚生活でした。その頃は幸せも感じ、主人と子供のために一生懸命でした。
ところが、主人の仕事に対する姿勢や考え方に変化を感じるようになり、違和感を覚えました。でも、普通に仕事に行っていましたし、何かあったのなら相談をしてくれるだろうと思い、動向を見守っていました。
そんな時、あるビジネスで成功して会社を辞めて、良い生活をしているという知人の話を聞かされました。そして、主人も誘われていて、やる決心もつけたと言うのです。ビジネスの内容を聞くと、いわゆるマルチ商法でしたが、主人いわく「一時問題になったようなねずみ講ではなく、ちゃんとしたビジネス理念に基づいた、すばらしいビジネスなんだ」と力説されました。反対する私の言葉は、もう聞こえないようでした。
ただ、会社には行っていたし、このタイプのビジネスも全てがインチキとは言えないのではないか、それに子供もいるのに家庭を壊すわけがないとか、私の考えが甘かったのも確かです。そうこうするうちに、ビジネスにのめり込み、休日となるとスーツをびしっと決めて、かなりの範囲を飛び回っていたようです。そして自分が使っていないと他人に勧められないと、数十万の取り扱い商品を契約してしまい、ローンとなりました。最初の頃は少しは報酬が入ったのですが、支出のほうが上回っていたので、どんどんと家計に響くようになり、挙句の果てには会社にも行かなくなりました。
家賃や光熱費、ローンと払えなくなっているにもかかわらず、もう少ししたら一発逆転、大金が入るから大丈夫の一点張りでした。主人の実家や私の両親にも相談し、生活費を用立ててもらったのも数え切れません。私が働こうとも思いましたが、小さい子を預けてまで頑張っても、そのお金も結局ビジネスの経費に消えるだけだと思ったら、決心がつきませんでした。酷い時には、家にあるお金が18円程しか無く、実家に行きたくてもバスすら乗れませんでした。
その頃、良く子供を抱いて夜な夜な出没した場所がありました。それは自動販売機です。私の母がおつりの小銭をコツコツと空き瓶に貯めていたのですが、かなりの金額になったと思うから何かの足しにしなさいとくれた事がありました。
ただ、いっぺんに小銭だけたくさん使用できないので、中から十円玉だけ取り出して、ポケットに詰め込めるだけ詰め込んで、家からかなり離れた場所の自動販売機まで散歩のふりをして行くのです。そして十枚の十円玉をカチャンカチャンと投入後、おつり返却レバーをひねると百円玉になって戻ってくるんです。それが出来る販売機と出来ない販売機があって、全部十円玉で戻ってきてしまう事も…そんな時は違う場所へ移動します。(ちなみに現在の自動販売機では出来ないとおもいます)
それに、どうしても人目が無い場所をターゲットにするので、シーンと静まり返ったなか、お金の音が結構響き渡り、それを数十回と繰り返すので近所の人が出て来たり、ジロジロ見られたりした事もありました。幸いな事に通報される事はなかったですが。今思えば、その頃の私は生活苦からか思考能力も低下していたんですね。だって銀行や郵便局に預けてから下ろせばお札や百円玉になったのにぃ…。
結局主人とは離婚して、子供を成人に育て上げた現在でも、十円玉が百円玉に変わった時の何とも言えない達成感のような感覚は忘れられないです。なかなか経験の出来ない、良い思い出になっています。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事