お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

母子家庭でもお金を借りたい 借りれる・借りやすい金融は?

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

旦那さんがいない母子家庭で、子供を育てながら働いてお金を稼ぐというのは本当に大変なことです。
特に子供が小さいうちは本当に大変だと思います。
なかなかきちんと働くこともままならない方もいらっしゃると思います。
生活費が足らなくなっている母子家庭でもお金を借りたい場合、消費者金融などでお金を借りられるものなのでしょうか?


母子家庭であるなしにかかわらず、毎月一定の収入がある方であれば、銀行のカードローンでも大手の消費者金融でもお金を借りるための条件は満たしています。借り入れの審査に通過することさえできれば、母子家庭でもお金を借りることができます。
ただし、収入が少ないため、消費者金融で借りる場合は借入限度額が年収の3分の1位までに制限されるため、あまり沢山のお金を借りることは難しいでしょう。
銀行の発行する銀行系カードローンであれば、総量規制の対象にはなっておらず、消費者金融に比べれば借入限度額も大きくなる傾向があります。
さらに楽天銀行のカードローンなど専業主婦の方でも借りられるカードローンもあるくらいですから、母子家庭のシングルマザーの方でもお金を借りたい場合は、借入先の候補として考えるべきです。
銀行のカードローンは消費者金融に比べれば低金利でお金を借りることができますから、まずは銀行のカードローンでお金を借りることを考えていきましょう。
それから、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付与されていれば、クレジットカードのキャッシングでお金を借りるという方法もあります。
しかしクレジットカードのキャッシングは、消費者金融とほぼ変わらない利息でお金を借りることになるため、銀行のカードローンに比べれば借り入れ利息は高くなります。
母子家庭でお金を借りたい場合は、まずは銀行系のカードローンで。銀行系のカードローンで借りられなかったら、お手持ちのクレジットカードでお金を借りるという二段構えでお金を借りるのがおすすめです。
しかし借りたお金はきちんと返済をしていかなければなりませんから、なるべく無理のない範囲で借りるようにしましょう。

母子家庭の専業主婦 離婚後にお金に困ってます

長年ずっと専業主婦としてやってきた方が、旦那様と離婚することになり、子供を引き取ったは良いものの、全くお金がなくて途方に暮れてしまった。
そんなことも今はかなり増えているようです。
専業主婦だった方が離婚してシングルマザーとなってしまうと、元旦那様から充分な慰謝料を取ることができない限り、金銭的にはかなり生活に困るような状況になってしまうことも多いでしょう。
しかし裁判で慰謝料や養育費が請求できるようになったとは言っても、実際に相手の元夫がきちんとお金を払ってくれる保証はどこにもありません。

請求する権利はあっても実際にお金がないため、養育費などの支払いができない元夫は非常に多くなってきています。
こうしたお金に困っている母子家庭の専業主婦の方がお金をやりくりするにはどうしたらよいでしょうか。
やはりまずはパートなど少しでもいいからお金を稼ぐ手段をとることが大切です。
お金を得るための活動を全くしないまま、時間だけが過ぎてしまうという事態は避けねばなりません。
パート勤めでわずかでも収入があれば、消費者金融からお金を借りることもできるので、当面の生活費をやりくりすることは何とかできるようになります。
少しでも良いのでお金を稼ぎながら、お金を工面する方法を考えていきましょう。

母子家庭でその日暮らし お金を借りるよりバイトと節約術を磨く

小学生の時に両親が離婚し、母子家庭になりました。
最初のうちは父親からの仕送りもあり、貯金もありで悠々自適に暮らしていたのですが、やがて父親からの仕送りがなくなりました。当時、学生であったわたしは節約生活なんていうものとは無縁でしたし、家計は母が見ているから全く関心がありませんでした。
ところが父親の不始末のため東京にあったマンションから追い出されることになり、神奈川に移動、その時点でまだ貯金はあったようですが、車が必要になり購入することに。そうしているうちにどんどんお金がなくなっていきました。
移転してからは徐々に知識も身についていき今までは外食が多かったのですが家で食事を作り、安いものを買うというのが身についていきました。ところがとどめを指す出来事が起きました。車の故障がしてしまったのです。
車がないと生活できない場所にいたので、安い中古車を探すことにそしてその車の購入のために貯金を使い果たすことになったのです。ただ不思議なことに心配もなく、その日その日をと考えて暮らしていきました。
そのころにはバイトもやっていたので生活の足しになりましたし、何とかやってこれました。1年後にひょんなことから父親が仕送りをしてくれたためぎりぎりの生活からは脱出することができました。
以来、ますます節約術をみがき、今は平凡な暮らしを楽しんでいる毎日です。(19歳・男性)

アルバイトで一人暮らしの安月給 お金を借りるより日雇い派遣と節約

大学を卒業し、正社員として働きだしたけれど、ヘタレな私は仕事について行けずすぐにに退職。
それからなんやかんやで一人暮らしのバイト生活に突入することに。もちろん貯金はゼロ。引っ越しの時に必要な家電も満足にそろえられるわけもなく、悩んだ末にとうとう冷蔵庫の購入はあきらめた。
バイト先の工場は安月給だったが、それなりに残業もあったため、初めのうちはそんなに生活に苦労することもなかった。しかし、しばらくすると不景気による業務縮小で残業はほとんどなくなってしまった。
そうなると収入は激減し、毎月の家賃や光熱費、食事代で給料のほとんどが消えていってしまう生活になった。まともな服も着られず、何年も前に購入したすでにヨレヨレのものを着るなんてことも日常茶飯事だった。通勤の電車できれいな洋服を着ている人を見ては、みじめな気持になった。
私は、何とか電気代だけでも安く済ませようと考えた。そこで、真夏でもクーラーを使うことをやめてみた。室温40度近い状態だったが、窓を開けて外の風とうちわの風でなんとか過ごした。汗を大量にかいてかえってすがすがしい気持ちになった。
部屋の照明もわざと一段階暗くした。
そんな努力?の甲斐あってか、ついに電気代が1000円を切ったときは言い知れぬ感動と達成感を覚えた。
 さらに、日雇い派遣で少しづづ稼ぐことにし、バイトのない日は派遣で働いて乗り切っていた。(20代後半・女性)

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事