お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

ブラック借り入れ件数不問の借りやすい消費者金融は?

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

現在の借り入れ件数が4社以上に及び、金融ブラックで他社借り入れが困難になっている方。
ブラックでも借り入れ件数不問で貸してくれる、そんな消費者金融はないかとお探しではないでしょうか。
現実問題としてブラック借り入れ件数不問の借りやすい消費者金融はどのようなところになるかというと、ヤミ金融か貸金業を始めて日の浅い、新規参入の金融会社となるでしょう。
闇金でお金を借りるというのは違法な業者であるばかりでなく、恐ろしく高金利な利息を請求してきますから、まずおすすめはできません。
となると借入先として考えたいのは新規参入の金融会社ということになります。
しかし新規参入で歴史の浅い消費者金融というのは、まだ宣伝もほとんど行えていませんから、よほど金融業界に精通している方でなければその存在すら知ることはほとんどないでしょう。

ましてや、普通に金融会社からお金を借りたい一個人であれば、見つけるのはほとんど困難なことです。
こうした新規参入の金融会社からお金を借りたいと思った場合、有効な方法は、中小の金融会社の一括紹介サイトを利用するという方法です。
あなたの現在の収入や借入状況などを申し込みフォームから送信すると、あなたに合った金融会社を紹介してくれるというサービスです。
こうしたサービスでは新しい金融会社をどんどん積極的に見つけては、借入先の候補として登録していますから、一般ユーザーが借り入れを申し込む場合は、こうした一括紹介サイトを利用するのが一番手っ取り早く効率的です。
自分で一件一件、貸してくれそうな金融会社を探すのは、いくらネットが発達した現在とはいえ、非常に大変だと思います。
紹介料などを請求せず無料で利用できる金融会社の一括紹介サイトもいくつかありますから、どうしても早くお金を借りたいっていうことであれば、利用してみると良いでしょう。

他社借入あっても借りれるサラ金・消費者金融・キャッシングは?

モビットやプロミスといった大手の消費者金融にはすでに多くの借入を行っていて、同じようなところには借りることができない。
そんな他社借り入れがある状況で、それでも借りられる。サラ金や消費者金融、キャッシングなどはないものでしょうか。
他社借入があっても借りられる街金や消費者金融は割と数多くあります。しかし、現在の借入で返済を滞納したりしている場合は難しいでしょう。
現在の借入をきちんと返済していることが、街金や中小の消費者金融のキャッシングでお金を借りる条件になってきます。

ブラックリストにもいろんな種類がありますが、、この延滞ブラック、滞納ブラックというのが一番金融会社には嫌われます。
そうでないなら、他社借り入れがあっても借りれる可能性は十分にあるでしょう。
すでに借り入れ総額が総量規制による制限金額に達している場合は、利息の負担を減らすこと目的としたおまとめローン以外に借りることはできないと思います。
おまとめローンという形で話を聞いてくれる街金融はたくさんあります。このサイトでも安心できるおまとめローンを扱う街金を紹介していますので、相談してみると良いでしょう。

金融屋から借入が多い サラ金借入不能でもお金借りたい

すでに大手の消費者金融をはじめいろんな金融からお金を借りているが、限度額いっぱいまで借りているため、他の金融からお金を借りなければならない。
そのようなことを繰り返していたら借り入れ件数がどんどん増えてしまった。いわゆる多重債務となってしまった。
そんな方もいらっしゃると思います。
借り入れに借り入れを重ねてしまうというのは、一般的には悪いことのように思われてしまいがちですが、借りたお金をきちんと返そうと思うからこそ他社に借り入れをしてしまうわけで、責任感の強さゆえにお金を借りてしまうということもあると思います。
しかし金融屋からの借り入れが多い、サラ金からの借り入れ件数が多いためにお金を借りられない。そうなってしまった方もいらっしゃると思います。
サラ金からの借り入れ不能でもお金を借りたい場合は、どうすればよいでしょうか。
まずはお金を借りた場合に、きちんと返済のあてがあるかどうかを今一度考えてみましょう。
返済のあてがあるのであれば、借り入れを申し込んで先方から電話確認があった際に、その事情を説明すれば貸してもらえる可能性も高まるでしょう。さすがに返済のあてもないのに借り入れを申し込んでは、申し込みを受けた金融側としても断らざるを得なくなってきます。断られても仕方がないてことになってしまうのです。
お金を借りても返済するあてがないという場合はどうでしょうか。
もう自力では返済が難しい状況にあるわけですから、ご両親に泣きついて資金援助を願うか、専門家に債務整理を依頼するかしか道はないでしょう。
自分で返済が難しくなってしまった場合、ほとんどの方はこのいずれかを選びます。一生の恥を覚悟して、土下座をして両親に援助を求めて、両親に借金を立て替えて返済してもらったという方も多くいます。
それができない場合は専門家に依頼して、自己破産をして借金をゼロにしたり、任意整理で自力で返済可能な額まで借金を減らしてもらうなどの方法がとられます。
本当にどこからもお金を借りられない場合は、すでに自力で返済ができなくなっていることも多いです。少し冷静になって、きちんと自分の人生を見直してみる時期に来ているのかもしれませんよ。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事