お金を借りたい時、多くの人にとって確実にお金を借りることができて、借りる相手として安心できるのがアコムなどの大手の消費者金融です。

しかし、クレジットカードの支払いが残高不足でできなかった。あるいは、携帯電話の料金が銀行の残高が不足して、引き落としができなかった。そのような理由で金融関連の個人信用情報に事故情報が載ってしまうと、それはすなわちブラックリストです。

事故情報が載っているとアコムなどでお金を借りる場合も審査に不利になってしまいます。

特に何かの支払いを滞納したままの状態であれば、アコムでまず行われる自動審査に通過することが難しくなります。ブラックリストに載っているような状態であればアコムでお金を借りることは難しいということですね。

金融ブラックのままアコムで借りるのは難しい

ブラックリストに何らかの事故情報が載ってしまっている状態では、アコムはもちろんのこと、プロミスやモビットといった他の大手消費者金融でも借り入れは難しいですし、消費者金融よりも審査が厳しいと言われる銀行カードローンであれば、なおさらお金を借りることはできません。

まずは、消費者金融などの業者からお金を借りる以外の方法で資金を調達して、ブラックリストに載っている事故情報が解消されるようにしなければなりません。

携帯電話の料金を滞納している状態であれば、まずは、親からお金を借りて携帯電話料金を支払うなどする必要があります。

その上で、アコムに借入を申し込むのであれば、審査では不利になりますが、借りられる可能性はゼロではありません。

ブラックになっている要件を解除できないなら中小の街金へ

しかし、どうしても身内や知人からお金を工面することが難しいのであれば、中堅や中小の消費者金融の中でお金を貸してくれるところを探すしかありません。

中堅や中小の消費者金融であれば、アコムではお金を貸してもらえないブラックの方でも、独自基準の審査を行うことによって借りられる可能性が出てきます。

その分、審査にも時間がかかるので即日融資など申し込んだその日にお金を借りることは難しいです。

さらに住民票や源泉徴収票など追加で提示する書類が必要になる場合もあります。

アコムでお金を借りる場合に比べたら、簡単にお金を借りるというわけにはいかないかもしれませんが、借りられる可能性はゼロではありません。

ブラックになってしまった事実を受け止めて、めんどくさがらずに対処していくしかありません。

レイクALSAはブラックでも借りられるでしょうか?

様々な理由で自分が金融ブラックリストに載ってしまったと自覚している場合、どこでお金を借りればいいのか本当に困ってしまうことと思います。

一番手っ取り早くお金を借りる方法としては、やはりテレビ CM などもやっているような有名な消費者金融のカードローンでお金を借りるのが最適です。

しかし、ブラックでも借りれる大手の消費者金融などは、まずないのが現状です。2018年にスタートした新生フィナンシャルのカードローン、レイクALSAでもそれは例外ではありません。

クレジットカードの支払いに滞納があったり、携帯料金の引き落としが銀行残高不足でできなかった場合などがあれば、クレジットの個人信用情報に事故情報が記載されている状態になります。これがいわゆるブラックリストというやつですね。

審査の自動化が進んでいるレイクALSAでは自動的に審査落ちに

レイクALSAのカードローンでお金を借りる場合も、審査は必ずこの個人信用情報のデータベースを参照するため、ここに事故情報があれば、まずお金は借りられないというわけです。

特にレイクALSAのような大手の場合は、審査のスピードを速くするため、申込みの時点で個人信用情報のデータベースに自動で素早くアクセスして、人の手を介さずに融資が可能かどうかの選別をしてしまいます。

人の判断が入らないところで審査で落ちてしまうため、借り入れはまず無理だと考えるべきでしょう。

中小の街金は自動審査以外の独自の審査基準で融資する

しかし、ブラックのためレイクALSAでお金を借りられないとしても、諦めることはありません。レイクでお金を借りられなくても、他にお金を借りられる金融業者はあるからです。

中堅や中小の消費者金融であれば、レイクのような大手が行う自動審査以外に、融資が可能かどうかを判断する独自の審査基準を設けています。

レイクのように自動審査で機械的に落とされてしまうことがないため、レイクに比べたらお金を借りられる可能性が大いに残されています。

中堅や中小の消費者金融は当サイトからのリンクでも紹介していますので、ぜひ参考にして見てください。