お金を借りたい、でもブラックリストで借りられない、審査に落ちる方のためのブラックでもお金を借りる方法についてまとめています。

クレジットカードの現金化ってどういうこと?

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

手っ取り早くお金を得られる方法として、紹介されることが多いのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠をお金に換える方法です。

クレジットカード現金化の業者が用意した50万円の商品を購入すると、注文した方には、クレジットカード現金化業者の方から購入した商品と現金が45万円届く、といったものです。

実際には50万円もの価値がない商品と一緒に現金を送り届けてくれる約束を購入したという感じになります。

そしてお金の返済は50万円をクレジットカード会社から引き落とされることによってなされます。


このクレジットカードの現金化は、利用する人にとっては、消費者金融でのキャッシング等の申込とは違い、すでにクレジットカードを持っていれば、新たな申込行わなくても、クレジットカードのショッピング枠の範囲内でお金を借りられるというものです。

すでに持っているクレジットカードで行われるのですから、審査で落ちてしまうとか、そのようなことは心配しなくていいわけです。

また、カードローンやキャッシングとは違い、信用情報にお金を借りたという形での掲載はされないので、すでに他社で借り入れを行っている人でも、ほぼ間違いなく現金を手にすることができます。

お金を借りたい人にとってはさまざまなメリットが感じられるクレジットカード現金化。

もし行いたい場合は、信頼できるクレジットカード現金化業者を見つけることが何より重要になります。

クレジットカード現金化はここに注意!

消費者金融などで事故情報があり、ブラック扱いされている方にとっては、良いことだらけのように思えるこのクレジットカードの現金化。
問題点はないのでしょうか?
注意すべき点としてはやはり、きちんと現金を届けてくれるクレジットカード現金化業者かどうかという問題があります。
このクレジットカード現金化は、現金化業者が指定した商品を購入したものの、
約束の現金が届けられないというトラブルが発生しているのです。

しかも、クレカ現金化業者で購入した商品は、通常のクレジットカードの買い物と何も変わるところがありませんから、だまされたと分かっても、法的に訴えるのが難しいという点があります。
また、このクレジットカードの現金化がカード会社の方に知れてしまうと、カードの利用を停止されたり、会員資格を失ってしまうといったリスクもあります。
カード会社では通常のショッピング枠をこのような形で現金化に利用して欲しくないと考えているのです。
このクレジットカードの現金化は、今のところ明確に取り締まる法律がないため、完全に違法なわけではありませんが、こうしたトラブルが絶えないため、消費者庁では強く注意喚起を呼びかけています。
今後、何らかの形で取り締まりが行われる可能性もあるでしょう。
もし今、お金に困っていて、早急にまとまった現金が欲しいという場合に、このクレジットカード現金化を行う場合は、信頼できる業者であるかどうかをネットの口コミなどでしっかり調べてから行ってください。

クレジットカードのショッピング枠現金化でお金を手にしました

とってもお金に困りクレジットカードのショッピング枠を現金にかえるってやつに行きました。俗にいうクレカ現金化というやつです。
店は看板はでかでかと書いてある割に小さく窓がない。そこに怪しい男が二人。どういう仕組みかを聞くと、アクセサリーをクレジットで買ったということで代金をクレジット決済しその金額の15%(金額によって率が変わるらしい)を手数料として引かれ残った金額がくるという。
ちなみにアクセサリーは全く価値のない100円ショップとかにありそうなブレスレットもどき(笑)

それっぽい箱に入っているけど、どうみても趣味悪い。一応、商品を購入したことになっているのでこれがその証拠って感じらしい。こんなものを10万円で買ったって思うと何だか泣けてくる。
これならまともなお店で買って質屋に売り飛ばしたほうがよっぽどマシ。これはおすすめはしません。
とはいえ、最近はそういう看板を見かけなくなったような気がする。パソコンやスマホでネットで申込みを受けるところが増えたからかな?
どんどん新たな街金が出てくることであろう。世の中がどんどん変化しているのに乗り遅れてしまうあたしのような人がいることも事実。違法なことはわかっているけど、世の中お金がないとどうしようもないこともある。
身の丈にあった生活、身の丈にあったお金の使い方をしていくことが何より。割に合わないアクセサリーなんか買わずに堅実に生きていきたい。

>>ブラックでも借りれる可能性のある金融業者情報を見てみる

関連記事